ガンダムおたくのカーライフ🚗略してガンカラ!

クルマやガンダム、自分の体験したコト、日々興味のあるコトについて語らせていただきます

【サーキットインプレ】走れば走るほど味わい深いスルメか?! 日光サーキット

こん〇〇は!
今回のサーキットインプレッションは、私が年一回に腕試しで走っている日光サーキットをご紹介します。

f:id:Slender-G:20191012001859j:plain

このコースですが、とある上級者の方は
「日光が速い人はどこで走っても速い」
とお話しされるほど、テクニカルなコースなのであります。
そして、コース自体も素晴らしく面白い!

その面白さを何とかお伝えするべく...頑張って書いてみたいと思います。


[目次]


■どんなコースなの?

一周約1,027mのサーキットで、コース長も走るタイムも以前ご紹介した筑波サーキットコース1000と同じくらいの感じです。

www.slender-g.com

速度レンジは2-3速メインの一般的なミニサーキットな感じなのですが...
1コーナーから7コーナーまで休む間も無く連続するので、前半セクションは常に横Gを感じながらクルマを走らせます。

f:id:Slender-G:20191012001258j:plain

出典:http://www.nikko-circuit.jp//base114.html
日光サーキットは、この前半セクションのコーナーのつながりがとても大事なんです。
シケインっぽい3-4コーナーを直線的に抜けるために2コーナーのクリッピングポイントは捨てるとか、7コーナーをうまく立ち上がるための5-6コーナーの使い方とか、この連続性が楽しくもあり難しくもあります。

左右にヒラヒラと難しい前半セクションを終えた後待ち構える日光名物の8-9コーナー。
エイトくらいの馬力のクルマだとコーナー進入はアクセルオフでタックイン気味に進入して、横Gと相談しながら結構なハイスピードで旋回するのですが、ミニサーキットとは思えない非常に気持ちのいいコーナーなんです。

10-12コーナーで構成される最終セクションも右→右→左と細かいブレーキングとステアリングワークが要求されるテクニカルなセクションになっており、走る人を飽きさせません。

...というか、タイム上がれば上がったなりにまた新たな課題がみつかる楽しくも難しいコースです😅

 

■コースの危険性は?

自分で走った感じですが、ドライでグリップで走る分には無茶しなければ、割と速度にメリハリのあるレイアウトなので、危険なゾーンは少ない印象です。

ただ、雨の場合は全然印象が異なりかなり恐怖のコースになります。
1コーナでグリップ失うと壁に向かってしまいますし、高速コーナーである8-9コーナーもミスると外の土手山やコーナー抜けた後のコース外未整地ゾーンに入ってしまうとクルマにダメージを与えてしまう危険性が大きく要注意です。


■走行風景

自分が走った時の動画のリンクを貼っておきます。

youtu.be

コースや風景、速度レンジなど参考になれば幸いです(^^)
ベストラップ達成後、性懲りも無くアニソンを熱唱しておりますが生暖かく見てやっていただけると幸いです😅


■ピットはどんな感じ?

ミニサーキットなので立派ではありませんが、ざっくり40台分くらいの屋根と柱があるピットスペースがあります。

f:id:Slender-G:20191012001100j:plain

エアはサーキット入り口付近に共同のモノが一つ用意されています。

 

■サーキットの施設は?

パドックはミニサーキットの割には広々しており、走行会などでも結構な台数が入れます。

f:id:Slender-G:20191012003107j:plain

食堂はありませんが、ラーメンや丼モノ、カレーなどを提供しているお店があります。

f:id:Slender-G:20191012001041j:plain

勿論、飲み物の自販機もちゃんとあります。

特筆すべきはトイレ!
2018年ウォシュレット化され、長年の日光サーキットファンを感激させました(笑)

 

f:id:Slender-G:20191012000957j:plain

サーキットに行ってお腹痛くなることもあるので、ウォシュレット化は本当に嬉しい限り。日光サーキットさん、ありがとうございます🙏

最近、サーキットのトイレも徐々にですがウォシュレット化されてきてありがたいです。筑波サーキットコース1000でも最近ウォシュレット化されたという噂を聞きました。そのうち潜入してチェックしてみます。

おっと...ついトイレネタが長くなってしまい失礼しました。( ̄▽ ̄;)>


■走行代は?

日光サーキットはteam六連星★彡さんの走行会くらいでしか走ったことないので目安ですが、平日の走行会で15,000~16,000円程度です。
ライセンス走行だと20分で平日2,500円、土日祝3,000円で走れる様です。

詳しく知りたい方は日光サーキットのサイトをご覧くださいませ。

www.nikko-circuit.jp

私事ですが、日光サーキットは自宅から遠いのですがコースの楽しさと走行代の安さは魅力的。走り込んで腕を上げることも出来そうだし、どこかのライセンスを切って日光サーキットのライセンス取っちゃおうか...なんて考えちゃいます。


■まとめ

日光サーキットは、止める、曲げる、加速させるが素晴らしくバランスされたとても楽しいサーキットです。

f:id:Slender-G:20191012001128j:plain
前回ご紹介したスポーツランドやまなしのようなアップダウンは皆無ですが、無いのが返って楽しさに繋がってる様な感覚を覚えるほどです。

また日光と言えばドリフトの聖地。以前はドリフトマッスル、2019年現在はドリフトキングダムも開催され、グリップ派、ドリフト派両方から愛されているサーキットであります。

drift-kingdom.com

 

また、日光サーキットは私がお世話になっているteam六連星★彡さん始め、色々な走行会が開催されてます。
"日光走ってみたいな"と思っている方がご自分のフィーリングに合う走行会に出会えたり、ライセンス取得のご参考になれば幸いです。

 

という事で、今回は日光サーキットのご紹介でした。
ご意見、ご感想はもちろん、コースの攻略法などアドバイスも大歓迎です!
お気軽にコメント頂ければ幸いです。

次回のサーキットインプレッションもお楽しみに♪

ではでは、今日はこの辺で。(^^)/