ガンダムおたくのカーライフ🚗略してガンカラ!

クルマやガンダム、自分の体験したコト、日々興味のあるコトについて語らせていただきます

【サーキットインプレ】タイムアタックの聖地 〜筑波サーキットコース2000〜

こん〇〇は!
【サーキット走行の勧め】のサブ企画として始めたこのコーナー。

今回は、タイムアタックの聖地といっても過言ではない「筑波サーキットコース2000」(通称TC2000)をご紹介いたします。
「筑波を何秒で走れるか?」がその人の腕とクルマの速さの代名詞になるくらいの指標になってしまう...それが筑波サーキットコース2000なのです。

f:id:Slender-G:20190829192439j:plain

ここを走り始めたばかりの頃はクルマにもよりますが、まずは1分10秒を切ることが大きな目標になることが多いです。
本気組の皆さんだと、かなりサーキット向けにチューニングされた車両で1分切りを目指したりされてます。

 

[目次]

 

どんなコースなの?

その名の通り一周約2,000mのサーキットです。
速度レンジは86やエイトなど200馬力程度のクルマだと、バックストレッチから最終コーナーのブレーキングポイントまでで160〜170km/h前後になるので、先日ご紹介したTC1000とは速度レンジが全然違ってきます。

1ヘアピンや2ヘアピンにはコーナーにカント(傾斜)が付いているので、如何にそこにしっかりクルマを乗せていけるかが大切なコースです。

f:id:Slender-G:20190829200809j:plain

私みたいなビギナーが一番タイムアップに効くのはダンロップコーナーを抜けてからの高速コーナー80Rだと思います。

f:id:Slender-G:20190829192516j:plainf:id:Slender-G:20190829192531j:plain

ここを早い段階で全開にするために手前のダンロップコーナーの処理を如何にうまく行うかがタイムアップのカギになります。

 


コースの危険性は?

正直いっぱいあります。
TC2000は速度レンジの割にエスケープゾーンが狭いところが多いので、コースを飛び出してしまうと、ランオフエリア(ダートやグリーン)でクルマ止まらずスポンジバリアくらいまで行ってしまう可能性が高いです(私もスピンからコースアウトしてスポンジにぶつけた経験があります…(;´・ω・))。

また、タイムアップに重要な80Rに至っては、スピンしてしまうとランオフエリアがほどんどないため、クルマに重大なダメージを与えるレベルのクラッシュになる場合があります。

f:id:Slender-G:20190829194640j:plain

※写真:Shin132さん

ですので、TC2000を走り始めたばかりの人は念入りにタイヤに熱を入れて、グリップ感を確かめたり、エア調整などしながら徐々にペースを上げていくことをお勧めしたいです。

また、筑波サーキットでは、オイル漏れなどで路面にオイルをまいてしまうと、10mで1,000円のオイル処理料を請求されます。
気づかずに1周まいてしまうと20万円!😱
クラッシュしないことはもちろんのこと、普段から車両チェックをしっかり行うようにして、オイル漏れを防ぐように気をつけたいです。


走行風景

自分が走った時の動画のリンクを貼っておきます。

youtu.be

コースや風景、速度レンジなど参考になれば幸いです。
運転が下手なのは見逃してください。。。m(_ _;)m💦


ピットはどんな感じ?

あまりピットを使ったことがないので詳しく分からないのですが、エアや電気コンセントは常備されてます。TC1000との違いはピットモニターがあり、各車両のラップタイムなどをチェックできます。

f:id:Slender-G:20190829192658j:plain

ピット数はそこその数はあるのですが、ライセンス走行などではいろんな枠で沢山のクルマがいるのでピットに入れないことも多いです。


サーキットの施設は?

パドックは狭いです。

f:id:Slender-G:20190829192800j:plain

冬のアタックシーズンなどでは、平日でもメインパドックにクルマが溢れて、かなり遠くに止めないといけないこともあります。

トイレは清掃が行き届いており綺麗です。ドライビングサロン(食堂)脇のトイレはウォシュレット化されておりとても快適です。(^^)v

自販機もピットから近く、ゴミ箱も多く設置されているのでありがたいです。
ドライピンクサロン(通称ドラサロ)はちゃんとした食堂で、名物はモツ煮定食。

f:id:Slender-G:20190829194009p:plainf:id:Slender-G:20190829194041p:plain

※写真:クロハチ71号車さん、m@sum@suさん Special Thanks!

汗だくの体には染み渡る美味しさです。


走行代は?

普通の走行会だと、1ヒート20分×3本で、2〜2.5万円くらいだと思います。平日開催の走行会を選ぶと安く走れます。

ファミリーライセンスでの走行だと、1ヒート20分で下記の料金になります。
3-12月:平日3,400円、土日祝4,000円
※2020年より1-2月の料金改定予定(オフシーズンなので上記より安くなると思います)
※タイム計測(トランスポンレンタル)は別途1,000円


まとめ

TC2000はタイムアタッカーも筑波でレースしてる方も多く訪れる、今なお大人気のコースです。平日のライセンス走行でもフルグリッドに近い台数になることもあります。

f:id:Slender-G:20190829194411j:plain

関東近郊でサーキットを走っているなら一度は走りたくなるこのコース。いい走行会に巡り合ってあまり肩肘張ることなく楽しくデビュー出来るといいですね。


という事で、今回はTC2000について書いてみましたが、如何だったでしょうか?
ご意見、ご感想はもちろん
「こんな事知りたい」「あれはどうなの?」的な疑問なども大歓迎です!
分かる範囲でお答えしますので、お気軽にコメント頂ければ幸いです。

 

次のサーキットインプレッションをどこにするかは未定ですが、しばらくはこのコーナー続く予定です。お楽しみに♪

ではでは、今日はこの辺で。(^^)/