ガンダムおたくのカーライフ🚗略してガンカラ!

クルマやガンダム、自分の体験したコト、日々興味のあるコトについて語らせていただきます

東京オリンピックで来日される皆さんへのおもてなしについて思う事

こん〇〇は!
後10ヶ月くらいで東京オリンピック開催です。チケット争奪戦に惨敗したわたくしですが、なんとか観られそうな競技だけでも観戦できればと思っています。

 

さて、オリンピックを開催する日本の売り文句は「お・も・て・な・し」でした。

f:id:Slender-G:20191005160630j:plain
そこで今回は、日本はきちんとおもてなしできる状態になってるのか?を私なりに少し確認してみたいと思います。

 

[目次]

 
■国の入り口、入国ゲート

オーストラリアに行ったときのお話です。パスポートからその人の国を判断、その人の母国語で操作案内が表示され、ディスプレイで簡単な操作をして顔認証で本人確認され入国出来、入国にまつわるストレスが全くなくて感動しました。
特に、自分は海外に行くのがあまり好きではないので、こういう仕組みは本当にありがたかったです。

日本の自動ゲートの現状を少し調べてみたのですが、日本人は顔認証ゲートで入国が簡単になってるのはいいんですが...

www.google.com

外国人はこれまで同様の入国審査が必要なので、初めて日本に来る人には残念ながら効果ありません。入国時に待たされたり、監査官とのコミュニケーションがうまく取らないことによるストレスはあまり軽減されないかもしれません。

危険人物が入国するリスクを減らすためにきちんと入国検査をすることはやむを得ないですが、入国時のストレスを軽減するなにか良い方法はないものか?
それを考えるのも一つのおもてなし...と思ったりするわけです。

 

■公共交通機関の案内について

日本人が海外に行っても公共交通機関に乗るのには勇気いるし少し苦労するので、初めて日本を訪れた外国人の方も日本の電車・バスに乗るのに苦戦されると思います。
街中の移動の際、建物の外はGoogleマップが使えるのであまり困らないと思いますが、東京駅や新宿駅など大きな駅の中や地下鉄などGoogleマップが使いにくいところでは大変そう。
Navitime for japan のような乗換案内アプリではフリーwifiやインフォメーションセンターも探せるみたいなのでまずまず頼り甲斐ありそうです。

corporate.navitime.co.jp

後は、私たち一般人のホスピタリティと気合だと思います💧
少し前、ゆりかもめのどこかの駅で海外の方が「銀座に行くにはどうすればいいんだ?」と駅員さんに聞いてたのですが、答えられなくて四苦八苦してるのを見かけました。この時は、僭越ながら私が案内することができましたが、今思えば駅員さん、この方と一緒にGoogleマップ見ながらちょっと会話できるだけで十分だと思うんですよね。

英語話せる駅員さん増えてますし更なる充足は期待するとして、我々も「ようこそ日本への」気持ちで、ちょっとしたことならコミュニケーションとってご案内できるようにしたいものです。。( ̄▽ ̄;)


■タクシー移動

話題になっていますが、Uberが普及していない日本ではタクシーを使うのか大変と言われてますね。
最近、慌てたようにJapan Taxiの宣伝に力を入れてると思います。
今年になって訪日外国人向けに「JAPAN Trip Navigater」とJapan Taxiが連携できるようになったらしいので、少しでも訪日外国人の方が便利にタクシー使えるといいですね。

response.jp

少し調べてみたところ、まだまだJapan Taxiのサービスが使えないタクシー会社も多そう。提携先を増やしていただき、このようなサービスが日本でもスタンダードになっていくことを期待します。
私自身、タクシー使う機会は割とあるのにまだJapan Taxiを使ったことありませんでした。今度是非使ってみてインプレしてみたいと思います。

タクシー業界のインバウンド対応はコチラのブログが分かりやすく書かれていたのでご紹介します。

atglobal.tech

海外の方が便利でストレス少なくタクシーを利用できるよう、タクシー業界の皆様には是非とも頑張っていただきたいです。

 

■その他

・オリンピック会場への入場

各会場、大人数の観客が押し寄せることになると思いますが、観客の入場の仕組みはどのようになっているでしょうか?
大会関係者はNECの顔認証システムによりスムーズな出入りができるようですが、一般観客の入場についてはあまり話題になっていません。

今年、テニスのグランドスラムである全豪オープンテニスを見に行ったのですが、持ち物検査からバーコードによるスムーズな改札通過の流れに感銘を覚えたことを思い出しました。

f:id:Slender-G:20191005153839j:plain

日本の大会では紙チケットを人が確認したり、捥いだりするのがまだまだ普通。
会場からの入出場も、無駄に時間かかるととストレスかかるものなので、安全第一ではありますが是非ともスムーズな運営となるよう期待します。


・キャッシュレス

自分が海外に行ってみると、なるべく現地の通貨は持ちたくないですし、クレジットカードで決済できる便利さに勝るものはないと感じます。

オリンピックを開催する日本では、訪日外国人の皆さんに決済による不要なストレスを出来るだけなくす努力をする必要があります。
長野オリンピックの時は、新幹線に乗る際駅の券売機でクレジットカードが使ないものが多く、訪日外国人の方は大変苦労されたそうです。

chikirin.hatenablog.com

流石に今はクレジットカードは使えるものの、チケットを買うのに駅で並ぶのは昔と変わらないのかも。

日本人や日本に慣れてる方ならJRのサイトから新幹線のチケットを購入し、モバイルSUICAに登録することで決済まで可能ですが、流石にオリンピックでいらっしゃる方には利用してもらうのに敷居が高すぎる…
こういった点にもに予算をつけて、よりシステム化を推進し海外の方にもっと便利にキャッシュレスの仕組みを使ってもらえるような整備をしても良かったように思います。

また、最近話題になっていますがクレジットカードが旧式だと、日本の自動券売機では使えないそうです。

honichi.comこの件、実際にお店やタクシーの運転手さん等も困ったご経験があると聞いたことありますが…もう対策間に合わないでしょう。

都内だと殆どの施設でクレジットカードが使えますが、郊外の飲食店や観光施設などでは現金のみのところもまだまだあります。

日本のキャッシュレス事情がどのくらい遅れているのかについては、経産省がまとめている下記の「キャッシュレスの現状と推進」が分かりやすいです。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000506129.pdf

上記には2017年に設定したKPIの一つに、2027年までにキャッシュレス決済比率4割(現在は2割程度)を目指すとあるのですが、それでも中国・韓国の2015年時点にも追いつかないレベル。日本でキャッシュレス決済が一般的になるのはまだまだ先の事のようです。


・屋内での喫煙

最近、街中での路上喫煙は凄く少なくなっており大変良いと思うのですが、訪日外国人視点だと居酒屋などでの屋内での喫煙が気になるポイントのようです。

www.newsweekjapan.jp

屋内は完全禁煙がスタンダードな欧米諸国に対し、日本では居酒屋をはじめ、レストランやカフェでも喫煙が認められている。そうした喫煙環境及び受動喫煙対策に対し、世界保健機構(WHO)からは「世界最低」レベルにあるとの烙印を押されてしまっている。

 これについては、いろんなお店が分煙努力をしているし、だいぶ改善してきていると思いますが、世界からの目は厳しいようです。


・ゴミ箱の設置

日本はあまり公共の場にゴミ箱がない割には街がそこまで汚れていのは大変良いことだと思いますが、訪日外国人の方からしたら街にゴミ箱が殆どないのはかなり不便に感じると思います。
これについては、法政大学のゼミの方が素晴らしいレポートを書かれてたのでご紹介します。

http://web-cache.stream.ne.jp/www11/nikkeibpw/business/academic/inner14/122.housei.nagaoka.a.pdf

ゴミ箱に広告を設置し、広告料をゴミ箱の処理の運営費にするというシンプルで素晴らしいアイディアだと思います。

そもそも東京にゴミ箱が少なくなったのはテロ対策だと思いますが、オリンピック期間中もテロ対策で駅のごみ箱も撤去される可能性もありそうで、さらに不便になる可能性が下記記事で指摘されていました。

www.itmedia.co.jp

駅ならどこにでもあるコインロッカーに爆発物を入れられたら、それこそ無差別テロ可能になってしまうわけで。ごみ箱だけ撤去するというのは結構ピントが外れた対応だな、と今更ながらに思います。

 

■さいごに

Wikipediaでおもてなしについて調べてみると

おもてなしとは、心のこもった待遇のこと。顧客に対して心をこめて歓待や接待やサービスをすることを言う。

とあります。

自分が海外に行ってみて思うのは、現地のサービスを現地の人に事細かに聞かなくてもガイドや分かりやすいシステムやサービスを活用しながらある程度自分で出来る方がストレスかならない…という事です。

海外のこうした考え方は効率化・合理性からの発想だとは思うのですが、”郷に入ったら郷に従いやすい”仕組みに整えられているというのは一つのおもてなしではないかと思うのです。

分からないこともストレスだし、助けてくれるのはうれしいけど一々助けを求めないと何もわからないのも凄くストレス。

自己満足はおもてなしではない。
相手を満足させることである

日本での顔を合わせたの心のこもった自然なおもてなしは本当に素敵な文化です。
感動してくださる方も沢山いらっしゃるでしょう。

f:id:Slender-G:20191005155819j:plain

それに加えて、可能なレベルでグローバルスタンダードなサービスも使えるように出来ると、訪日外国人の皆さんもストレスなく日本を存分に楽しんでくださるのではないでしょうか。


自分はオリンピックをとても楽しみにしている一人なので、何とかチケットを入手して雰囲気を味わってみたいし、訪日外国人の皆さんとも何らかの形でコミュニケーションとっても盛り上がっていけたらとても楽しいと思っています。

オリンピック、是非とも盛り上げていきましょう!

 

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました!
それでは今日はこの辺で。(^^)/